12/12/2019
Breaking News

看護師が介護施設に転職するなら

各地の老人ホームやグループホームなどの介護施設では、全般的な看護業務の経験がある看護師に対する期待が高まっており、病棟や在宅医療などの経験が豊富な人は好条件で働きやすい状況となっています。介護施設で求められる看護師の経験やスキルについては、それぞれの施設の事業内容やサービスの利用者の要介護度などによって違いがありますが、医療現場で得た経験をそのまま生かせる職場も少なくありません。そのため、医療現場で経験を積んで将来的に介護業界で活躍をしたい場合には、早いうちから社会福祉法人やNPO法人などが運営する介護施設における主な業務内容や、看護師をはじめとする医療スタッフの待遇を把握しておきましょう。

ベテランの看護師の人数が不足している介護施設においては、基本給や手当の見直しをしたり、ボーナスの支給回数を増やしたりしているところも多くあります。そこで、転職後に高収入を得たい場合には、中途採用者の給料が高いところや、スタッフの評価基準が適正なところを就職先に決めることがポイントです。なお、子育てをしながら介護施設で経験を積みたい人は、一年を通じて非常勤職員やパート職員の採用が行われている老人ホームやグループホームを探してみましょう。例えば、デイサービス事業所などが併設されている介護施設では、短時間勤務を選択できたり、残業や土日祝日の勤務がなかったりするところも多く、子育て中の人も無理なく仕事と育児を両立することができます。