12/12/2019
Breaking News

介護施設で働く看護師に求められること

要介護度が高い入所者が多くを占める介護施設では、看護師を始めとする医療スタッフが配置されています。特に医療や福祉の現場での経験が豊富な人が重宝される傾向があります。介護施設における看護師の役割は、施設のサービスの形態や入所者のニーズ、人員配置などによって異なります。例えば、規模が大きい施設では、介護職員や生活相談員といった様々な専門職と協力しながら、日々の健康管理だけでなく、経管栄養や痰の吸引などを担当する機会が多くなります。また、介護職員の人数が限られている老人ホームやグループホームでは、手の空いた時間に看護師が介護業務を任されることもあり、食事や入浴の介助など最低限の介護のスキルが必要となります。

地域に根差した介護施設の中には、近隣の総合病院やクリニックなどと連携をして、医療の面でも力を入れているところが少なくなく、ベテランの看護師の活躍が期待されています。介護施設によっては、看護師が呼吸器や心臓などの慢性疾患を抱えている入居者をかかりつけの医療機関まで送迎をしたり、入院や通院の手続きをサポートしたりすることもあります。そのため、看護師として介護施設で働きたい場合には、各地の施設の主な仕事内容を把握して、自分の経験や能力が役立つ職場を選択することが肝心です。なお、介護施設での勤務経験がない人や、看護業務のスキルに自信がない人は、就職後に医療スタッフを対象とした教育が行われている介護施設を優先して探してみましょう。